エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全

エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により罹患するウイルス感染症の事で、免疫不全に至り些細なウイルスなどによる日和見感染や悪性腫瘍を複数発症する症候群のことを指しているのです。
細菌やウィルスなど病気を招く微生物が肺の中へ進入して発病してしまい、肺の内部が炎症を起こした容態を「肺炎」と称しているのです。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が狭くなって、血流が停止し、大切な酸素や栄養が心筋に送られず、ほとんどの筋細胞が機能しなくなってしまう怖い病気です。
「いつも時間に追われている」「気を遣う様々な人間関係が嫌い」「先端技術や情報のハイレベルな進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを感じやすい原因は人によって異なるようです。
クモ膜下出血とは90%近くが脳動脈りゅうという血管にできた不必要なこぶが破れてしまうことで発症する深刻な脳の病気として認識されるようになりました。
V.D.は、Caの吸収を促すという事で広く知られており、血液の中のカルシウムの濃度を操作して、筋肉の働きを適切に調節したり、骨を作り出したりします。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝という病気は、動脈硬化や狭心症を代表とする色々な生活習慣病の合併症をもたらす恐れがあることをご存知でしょうか。
我が国における結核への対策は、昭和26年にできた「結核予防法」に準拠して実行されてきましたが、平成19年から数多くある結核以外の感染症とひとくくりにして「感染症法」に従って実行されることに決まったのです。
健康を推進する世界保健機関は、人体に有害なUV-A波の浴び過ぎが皮膚にトラブルを誘引するとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で日焼けサロンを利用することの禁止を先進国に提案しています。
上が140以上、下が90以上の高血圧がある程度続くと、体中の血管に強いダメージが与えられ、頭の先から足の先までありとあらゆる場所の血管に障害が巻き起こって、合併症を誘発する公算が高まります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番代表的な中耳炎で小さな子供によく起こる病気です。強い耳の痛みや38度台の発熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などのいろいろな症状が出ます。
ポリフェノール最大の作用はL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性であるビタミンEなどとは違い、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化しにくくする作用を発揮するのです。
基礎代謝というものは人間が動かなくても燃焼してしまう熱量のことですが、その大部分を全身の様々な筋肉・一番大きな内臓である肝臓・大量の糖質を消費する脳が使うということです。
触れあいなどで、入居者さんがセラピードッグを可愛いと思った場合に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを減らしたりヒーリングに結びついているのです。
国民病ともいわれる花粉症とは、山のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉に誘発され、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として認識されています。
おすすめサイト⇒猫 口臭ケア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>